ご覧になっていただきありがとうございました。感想・要望・間違いの指摘などありましたら、こちらへどうぞ。(旅行後の感想なんか書いて頂けると、とても嬉しいです。)

UB RAILFANのゲストブック

33330
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

次回は No.275列車やロシア方面への国際列車に乗車したいですね。 - たろちゃん

2017/10/21 (Sat) 12:27:34

UB RAILFAN様の導きで、初モンゴル訪問できました。感謝しております。
街中に漂う石炭のにおいに、かつて泊まったイスタンブル・シルケジ駅界隈の古いホテルを思い出しました。

No.271, 264列車でウランバートル・スフバートル間を乗車。No.24列車(モンゴル車輌)でウランバートル・北京間を乗車し、二連での台車交換も見学できました。

(写真:スフバートル駅構内の鉄道ホテル、半日利用、シングル 25,000Tg トイレ・シャワー共同)

Re: 次回は No.275列車やロシア方面への国際列車に乗車したいですね。 - UB Railfan 管理人

2017/10/24 (Tue) 01:11:23

たろちゃんさま

 旅行後の報告ありがとうございます。当サイトがお役に立てたようで嬉しいです。
 スフバートルいいですね。私は行った事がありません。ここに1日滞在して、たった1両の国際列車やロシアから来る機関車などを1日中駅で観察出来たら楽しいだろうなぁと思っていたのですが実現できませんでした。駅のホテル(というか休憩所)は、こんな時に利用価値ありますよね。
 二連の台車交換は、一時全員下ろされて見れなかったという話もありましたが、楽しめて良かったです。今も人が中にいるのもお構いなしで、思いっきりぶつけるように連結しているのでしょうか。またチャンスがあれば、ぜひモンゴルを旅行して下さい。

列車内掲示の時刻表 - こぶた

2017/10/04 (Wed) 22:59:31

こんにちは。旅行計画を立てるのに大変参考になりました。ありがとうございます。

結局、ウランバートル〜ザミンウド片道だけ乗り、二連〜ウランバートルの戻りは飛行機に乗ってしまいました(軟弱)。食堂車で晩ご飯を食べましたが、ロシア風ハンバーグの目玉焼きのせ、ごはんと若干の野菜添えとタマゴサラダしかメニューがありませんでした。味は割といけました。値段はクーペで35550トゥグルグでした。

食堂車の隣に一両だけ、Мест24だったか28とかいうのが連結されていました。

切符を買う際にパスポートの原本が必要とのことで、駅まで切符を買いに行く羽目になりました。

276列車に掲示されていた列車時刻表をお送りいたします。

Re: 列車内掲示の時刻表 - UB Railfan 管理人

2017/10/07 (Sat) 09:12:06

こぶた様

 コメントありがとうございます。当サイトを参考にしていただき、また、モンゴルの鉄道を楽しんでいただけたようでとても嬉しいです。

 食堂車は、私がいた頃はゴリヤシ(牛肉の煮込)しか無いパターンが多かったのですが、ちょっと様子が変わったみたいですね。食堂車の隣は、2人室が4室、4人室が5室という構成のMECT28という車両で、3,4年前から275/276列車に連結されるようになってます。切符は国内列車も記名されるタイプですので、購入の際に外国人はパスポート、モンゴル人もIDカードが必要になるんです。

 最後に時刻表ありがとうございます。私の入手できなかった286、709、710列車の時刻がありますので助かります。当サイトの時刻表がより充実できますので嬉しいです。早速修正するようにいたします。ありがとうございました。

レールバスの時刻 バンホフ

2017/02/24 (Fri) 22:41:28

昨年8月に初めてモンゴルへ行った時に、レールバスでウランバートルからズーンハラーまで乗りました。
今月再度行く機会があり、ウランバートルからダルハンまで乗りました。レールバスは毎日運転されています。2両編成とは言え、発車時はほとんど満席でした。運賃は10300トゥグルグでした。
気温はマイナス20度以下でしたが、ほとんど定刻で運転されていました。頼もしいですね。
デッキに掲示してあった時刻表の画像を添付します。

Re: レールバスの時刻 - UB Railfan 管理人

2017/02/27 (Mon) 01:02:34

バンホフ様
レールバス時刻表ありがとうございます。公式ページには掲載されていなかったので運休かと思っていました。さっそく当サイトの時刻表も修正いたしました。
レールバスは長距離運行となってからは順調のようですね。発車時はほとんど満席とは意外です。4時間での運行といい、バスに負けないように頑張っているのが伺えます。

K23乗って来ました - YM

2016/08/15 (Mon) 12:07:52

本年2月に運行予定を伺った者です。
8月9日(火)北京発、中国車両乗って参りました。今年の猛暑においては、エアコン付は助かりました。夜は冷え過ぎて、長袖着て毛布にくるまりましたが…
乗客は少なく、私たちの乗った車両は我が家4名と、もう1組2名の6名のみでした。

モンゴル国内の食堂車、楽しみにしていた国際列車用の105でした。給電引通しの関係でしょうが、連結部位は中間でなく北京寄り最後尾でした。

本サイトのお陰で、より充実した列車旅を終えることができました。ありがとうございました。
現地へおいでになれない中での更新、大変なご苦労と存じますが、更なるサイトの充実を陰ながら応援させて頂きます。

Re: K23乗って来ました - UB Railfan 管理人

2016/08/16 (Tue) 00:38:04

KMさま
 旅行後のご報告ありがとうございます。予定通り北京火曜日発23列車の乗車が叶い、無事に楽しんでこられたようで何よりです。
 それにしても乗客が少なすぎですね、夏休み期間中はなかなか予約が取れないという認識だったのですが、どうしてしまったんでしょう。この先心配になってしまいます。
 エアコン付きの新型中国車編成は、私は見ることが出来なかったのですが、やはり食堂車は編成端部に連結ですか。これは仕方ないですね。連結してくれるだけありがたいです。のんびりと雄大な景色を見ながら食堂車で過ごす時間、やはりモンゴルの鉄道の一番の醍醐味はこれでしょう。旧型の食堂車105は私にとっても思い出に残る車両です。健在で嬉しいです。来夏は私も行きたいなぁ。
 これからは時間を作って少しずつでも更新に励みたいと思います。コメントありがとうございました。機会があればまたモンゴルを旅行してください。

北京行きの時刻 - 夜青龍

2016/08/07 (Sun) 01:49:08

あと木曜日の北京行きはチケットには8:30と書いてあるけど8:00には駅に来てと2階の国際線チケット売り場のお姉さんが言ってました。

Re: 北京行きの時刻 - UB Railfan 管理人

2016/08/08 (Mon) 00:34:56

夜青龍さん、私の時刻表の北京行UB発時刻が間違っていましたので直しておきました。ご指摘ありがとうございます。
飛行機に搭乗時刻と出発時刻があるのと同じように、出発30分前が着いていたほうが良いでしょう。始発駅では車掌さんもチケットやパスポートのチェックに忙しいです。それと列車は出発数分前にはドアを閉めて鍵もかけてしまいます。

値上げ - 夜青龍

2016/08/07 (Sun) 01:45:38

7/11からウランバートルからザミンウデまで65000ぐらい
北京まで225000ぐらいに値上げされました

Re: 値上げ - UB Railfan 管理人

2016/08/08 (Mon) 00:25:27

夜青龍さん、情報ありがとうございます。
モンゴルトゥグルグもすいぶん下がってしまいましたので、それに伴う値上げでしょうか。ウランバートル鉄道の公式ページの運賃はそのままのようですが、新しい運賃が発表されましたら、当サイトの運賃表も修正いたします。

投稿者削除 - (削除)

2016/04/02 (Sat) 22:21:24

(投稿者により削除されました)

Re: 地図の利用許可 - UB Railfan 管理人

2016/04/03 (Sun) 23:01:22

高田様、お役にたてて何よりです。地図も写真もどうぞお使いください。

Re: 地図の利用許可 高田廣央

2016/04/10 (Sun) 18:23:35

ありがとうございます。

御無沙汰しています - あふりかふぇ

2016/01/30 (Sat) 21:53:19

御無沙汰しています。なかなか更新のネタ難しいでしょうね。
昨年、北京出張時、凝りもせず北京駅へK3列車見物。
たまたま現地事務所の通訳君同行だったので・・・
聞いて貰いました。

グズグズと新型客車に更新されないのは何故?

RZDが固定編成の客車(と言うよりUB鉄道納入の中国客車の
電源車が火災起こした一件)入線を許さず、問題がクリアで
きていない(市場を巡ってのロシアの車両メーカーと、中国
の中車との確執が裏にある様なニュアンス)
同様の理由でUB鉄道の中国客車もロシアへ入線出来ない
車両の規格の統一が出来ない理由で難癖(中国側)を付けられ
ている。

乗客の漸減で、固定編成乗り入れより、利用実態に見合った
直通客車に変更したい思惑がロシア側にあるみたい。

先だってぶち上げた、北京-モスクワ間2日間で結ぶ構想は
現場職員は「何を夢見てるんだ?」と鼻で笑ってました。

実際はどうだかな、ですが、乗客が減少しているらしい話は
近々、何か動きがあるかも知れませんね。
基本的に自分が利用した30年前と変わっていないのは嬉しく
もあるのですが。ざっと見て西洋側の団体が大半な印象でした
もう、一時の様な国境を越える担ぎ屋の姿は見られません。

そうそう、再びモスクワ-平壌間の直通客車消えましたね。
前回の運休時にあった国境の頭満江行きも消えています。

なかなかサイト維持大変でしょうが、貴重なネタ扱っておられ
るので影ながら応援していますよ。

Re: 御無沙汰しています - UB Railfan 管理人

2016/02/03 (Wed) 00:50:00

 あふりかふぇ様、コメントありがとうございます。

 K3列車の件、やはりまだ更新されていないのですか。代替用の新車が華々しくデビューしたのが2012年秋ですから、もう3年になるんですよね。私も中国鉄道通の方から電源車の乗り入れを拒否されていると聞きましたが、電源車はロシアの鉄道にもちゃんと存在します(写真)。規格を合わせる形にして食堂車のようにつなぎ換えればよいのではと思ってましたが、なるほど!両国車両メーカーの確執もあるのですね。ロシアTransmashholding社も力をつけており、中車には敵いませんが、売上高はシーメンスを抜いたなんてデータもありましたので、ありそうな話です。

 ロシア~北朝鮮の国際列車は消えましたか。今の状況ですと当分、いや北の体制が変わらない限り無理そうですね。これも一つの歴史が終わったという事でしょう。

 当サイトの更新についてですが、創作意欲は失っておらず、モンゴルだけでなく、あまり情報の無いソ連・ロシア車両事情など、その辺が好きな方には楽しんで頂けそうなネタはまだまだ沢山持っておりまして、新しいページをどんどん増やして行きたいと思ってはいるのですが、現在公開済みのページも、情報が古くなって書き直さなくてはならないのも多く、ホームページという時代遅れな表現方法では、この辺が追いつかない、現在の情報と過去の情報をバランスよくまとめるのが非常に難しいなと、手が付けられないでいるのが本音です。時間が出来ましたら、また再開いたしますので、思い出した頃、時折覗いてみて頂けないでしょうか。応援頂けてとても嬉しいです。

Re: 御無沙汰しています - 主席

2016/04/07 (Thu) 20:20:26

こんにちわ
横から申し訳ないです。
今年2月にシベ鉄 ウラーモス99レに乗車しましたら平壌-モスクワが 連結されていました。RZDのHPでは、運転プログラムが掲載されてませんが…
後、中国-ロシア国際列車ですが、閑古鳥状態みたいです。国際列車は基本スイスフラン建てで運賃徴収していますが、ここ最近のルーブル暴落で、国内列車の
運賃がドル換算だと めちゃくちゃ安くなっています。恐らく運賃がべらぼうに高いのが原因かと。

Pアノンゴ様応援してます。UB鉄道情報ありがとうございます。 

Re: 御無沙汰しています - UB Railfan 管理人(Pアノンゴ)

2016/04/09 (Sat) 17:12:24

 主席さんお久しぶりです。相変らずシベリア鉄道に乗りまくられているようで羨ましいです。

 モスクワ平壌国際列車は1レから99レにこっそり繋ぎ替えていたんですね。フォーラムの写真見ましたが、明らかにロシア国鉄中古の緑皮車で、こんな車両走らせているのをあまり見られたくないというような、ロシアの気持ちも少し読み取れて、ちょっと笑ってしまいます。大スクープ写真ですよこれは。
 そしてルーブルの暴落、対スイスフランだと1/2以下になってしまっていますので、ロシア人にとっては飛行機より高い乗り物になってしまったのかもしれません。

 久しぶりに中鉄フォーラムを見て知ったのですが、北京ウランバートル国際列車の中国車両は、18系から25G系に更新されたんですね。ついに…やっと変わったかぁ~という気持ちです。当サイトも更新しないといけないですね。時間見つけて少しずつ頑張ります。応援ありがとうございました。

シーツとお茶 - しみず

2016/02/28 (Sun) 15:15:13

この度モンゴル初出張でZamynuud/Sainshandへ行くのに276/275/285を利用したので報告です。
幸い、上段ベッドから墜落せず済みました。
配布されるシーツセットには敷・掛用の2枚と枕カバー・タオルが入っていました。また車掌さんが紙コップに入れたお湯を配りにきて、その時一人二つまでティーバッグかインスタントコーヒーをもらえました。
丁度夜中にトイレに行きたくなった際に停車中で難儀した他、コンパートメントのドアの建付けが悪く部屋から出れなくなりそうになりましたが、それ以外は楽しめました。こちらのサイトも参考になり、ありがとうございました。

Re: シーツとお茶 - UB Railfan 管理人

2016/03/01 (Tue) 18:04:41

 しみずさま、コメントありがとうございます。

 国内列車の状況は、未だ上段ベットの転落防止柵もベルトも無いようで、車掌がシーツやお湯を配りに来たり、コンパートメントのドアが開かなかったり、私が初めてモンゴルの鉄道に乗った2006年頃からも全く進歩していないようで、少しニンマリ、なんだか嬉しくなってしまいました。

 コンパートメント室のドアは、東ドイツ(~統一ドイツ)製でして、建付けが悪かったり決して壊れているわけではなく全てのドアがこんな感じです。コツがあるようでモンゴル人の手にかかると簡単に開くのですが、私もこれを開けるのが苦手でして、いつも完全に閉めないようにしていました。

 最近のモンゴルの鉄道の様子が知れてありがたいです。遠い所への出張お疲れ様でした。

2016年 K23運行日 - YM

2016/02/18 (Thu) 13:48:22

はじめまして。韓国在住の者です。
当地はTGVもどきのKTX網拡大と共に、在来線列車は漸減、寝台車も(ななつ星もどきのヘランと団臨を除き)、全廃されて久しいです。それでも在来線の主力は引き続き客車であり、14系昼間急行っぽい雰囲気を感じつつ、乗りつぶしております。

そんな中、今年の夏に寝台列車の旅をしてみたく、K23で北京→ウランバートルの乗車を目指しております。
北京とモンゴルそれぞれの旅行会社にコンタクトしているのですが、

北京社:K23は今年の5月で廃止、水曜発のK3のみ
   →これはちょっと胡散臭い…
モンゴル社:通年運行は火曜のK23と水曜のK3、下記増発は金曜または土曜発のK23
   →通年と夏臨が逆かも?
という回答です。

管理人様におかれては昨年12月にご回答されており、また北京発基準となり恐縮ですが、

①K3の北京→UB区間乗車の乗車券入手困難度合
②12月以降のK23情報
について、ご存じの部分あればご教示頂ければと存じます。

Re: 2016年 K23運行日 - UB Railfan 管理人

2016/02/20 (Sat) 10:48:15

 YMさま、返信遅くなりました。韓国にお住まいなのですね。私もモンゴル在住時でKE利用の際、仁川金浦乗継で時間がある時や、UB便欠航で一泊した時など、何度かソウル駅に列車を見に行ってました。最近どうなのかとちょっと調べてみたら、KTXが仁川国際空港に乗り入れるようになっていたり、江陵への路線は新線切り替えで運休になっていたり、いろいろ変わっているのですね。
 さて、今夏のK23運行情報ですが、正式発表がまだですので、今の時期ではどこに聞いてもしっかりした回答が返ってこないのが現実です。

①K3の北京→UB区間乗車の乗車券入手困難度合

 これは分かりません。北京→ロシア国内客優先で、空席があった場合のみ北京→UB切符が発券されるとの事ですが、何日前から発券されるのかなど私も知りたいです。

②12月以降のK23情報

 毎年6月に中国客車とモンゴル客車の車両交換ローテーションで変更になるのですが、10年変わらない、この列車の運転パターンです、変更なければこの通り運転されると思います。参考にしてください。

西暦奇数(2015)年6月~西暦偶数(2016)年5月
北京発
月曜日 K23 UB行 モンゴル車(◆夏臨で6~10月のみ運転)
火曜日 K23 UB行 中国車
水曜日 K3 モスクワ行 中国車

西暦偶数(2016)年6月~西暦奇数(2017)年5月
北京発
火曜日 K23 UB行 中国車(◆夏臨で6~10月のみ運転)
水曜日 K3 モスクワ行 中国車
土曜日 K23 UB行 モンゴル車

Re: 2016年 K23運行日 - YM

2016/02/22 (Mon) 08:26:31

管理人さま
ご返信、ありがとうございます。
KEのUB便、時間帯はいま一つですが、便数の多さは魅力ですね。今年の夏スケジュールでも、週6便運航されるようです。

K23のスケジュール、詳細な解説ありがとうございます。
モンゴル/北京双方の旅行社の意見も、読み方/捉え方を少し変えれば合致しますね。
火曜の北京発を軸に計画し、詳細の詰めは5月以降に行うように致します。
大変参考になりました!


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.